レスポンシブWebデザインのイメージ

レスポンシブWebデザインのサービスをボトボチと開始中

専門用語をいきなり並べて、申し訳ありません。
今回はレスポンシブWebデザインに関して、告知です。

そもそも、レスポンシブWebデザインって?なんでしょうか?

上の図をご覧下さい。パソコン、タブレット、スマートフォンがありますが、この端末(機械の事です)は表示する画面サイズがそれぞれに違います。昔と違って、この画面のサイズはスマートフォンの普及で非常に幅が広くなりました。「ふーんそれでなんなの?」と言われそうですが、スマートフォンではパソコンの画面を無理やり全部画面の中に押し込んで表示したりケースって?多くないですか?

そこで、レスポンシブWebデザインが生きてきます。


もう一度、上の図をご覧頂くと、同じページ内容ですが、表示がそれぞれに違います。これをレシポンイブWebデザインと言います、スマートフォンで端末(機械の事です)利用の場合は、スマートフォンに合わせて表示を自動で変更して、中身の表示を勝手に縦に並べ替えたり、タブレット端末の場合は、表示はいいですが、サイズを自動で調整したりして、表示を見ている端末に合わせて、Web(ホームページ側)がカンタンに言えば、変わるという仕組みの事を言います。

当社もボチボチ、このレスポンシブWebデザインを打ち合わせの中で必要な時は、オススメして行こう思います。

まずは、自社でボチボチと始めさせて頂いた
レスポンシブWebデザインの例として、制作したお客様紹介サイトを始めました。

この記事の詳細-Web・blogをチェックする



Q.一番のメリットはなんでしょうか? 先日も聞かれました
A.書いてある内容が読みやすい、いちいちピンチインやピンチアウトをしなくてもよくなります
  利用者の方にはメリットになると思いますね ※他に運営側にもメリットがあります。
  続きは機会があれば、改めて追記して行こうと思います。

東田欣也0.25